, , ,

絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他

ブランド:fifalivefootballworldcup.com
販売価格:¥12800.00円¥8700.00円 (税込)

※商品写真の色味は、お使いのモニターの設定、照明等の環境により、実物とは異なる場合がございます。

商品詳細

商品の詳細

商品説明

ご覧下さりありがとうございます。画像の後に、商品説明がございます。
本の出品です。

【即決】ご入札いただければすぐにお取引が成立します。

絶版希少図録本・写真解説本 妙見菩薩と星曼荼羅 林温編 文化庁監修 日本の美術


1997年 発行
至文堂
監修:文化庁
東京国立博物館/京都国立博物館/奈良国立博物館
執筆編集:林温
98ページ
約22.5x18x0.7cm
カラー(口絵写真) 本文図版モノクロ 全105図版(カラー16図)


※絶版

星曼荼羅と妙見菩薩に特化した珍しい写真解説図録本。
主にその造形の歴史、様式を整理分類、多種多様の図像、遺物写真を参照しつつ解説論述する。

巻頭カラー口絵写真に、本文中に多数のモノクロ写真図版収載。図版はモノクロ中心です。
有名な国宝、重要文化財から、海外の美術館博物館蔵の作品、寺院に秘蔵されためずらしい作品まで、参考図版も含めて105図を収録。
美術としての作品鑑賞の観点から、その古来よりの信仰の変遷など、その図像を読み解き鑑賞するための知識情報満載。
仏教絵画・密教図像研究におけるこの分野の第一人者による解説論考は、
入門から深い内容にせまるもので、二段組のテキスト、小ぶりながら情報満載・内容充実の研究書となる絶版図録本。

特に星曼荼羅、妙見菩薩に特化した内容の本は類書もほとんど無く、
仏像、仏教美術、仏画、密教美術、密教図像、曼荼羅、古美術、東洋美術愛好家必携の大変貴重な資料本です。

【はじめに より一部紹介】
妙見菩薩は北極星を神格化したものとされている。
都心部に生活する現代のわれわれには、満天に煌く神秘的な星座群を見上げる機会がめっきり減ってしまったが、それでも遅い帰宅時に夜空にいくつかの星を見いだすとき、現実生活を瞬時忘れるかのような軽いショックに見舞われることがあるのではないだろうか。また、われ知らずに北極星を指し示し続ける柄杓形の北斗七星を捜しはじめていることに気づくのではないだろうか。まして、闇を払拭するほどの光源を持っていなかった古代の人々にとって、星は日月と並ぶほどに生活における重要な一要素であった。そして、神秘的に明滅する諸星の謎めいた風情とともに、その規則的あるいは周期的な運行を発見すると、それらの天体が人間の運命と不可分な関連を持つものと考えられるようになった。もっとも、現代においてもそう信じて占星術に没頭している人もいるのだが。
本書はこのような星が、日本の美術のなかにどのように造形化されてきたかを概観しようとするもので、星に対する信仰史・思想史を体型的に叙述しようとするものではない。また、筆者の力量を超える陰陽道や宿曜道の理論や詳解についての記述は容赦願い、作品鑑賞上に最小限必要な知識のみを記すこととしたい。


【目次】
はじめに
古代の天界観
北辰と北斗
さまざまな星縮図
日本における北極星と北斗七星 高松塚古墳壁画 その他の四神図
北斗七星の刀
インドの星縮像の混入 高倉寺宝積院蔵熾盛光曼荼羅図 九曜秘略 二十八宿図像
妙見菩薩
熾盛光法
北斗曼荼羅の成立 寛空様星曼荼羅 慶円様星曼荼羅 寛助様星曼荼羅 終南山曼荼羅 閻魔天を中尊とする星供曼荼羅 その他の北斗七星を表した遺品
その他の星縮図
如意輪観音と虚空蔵菩薩 天刑星 寿星-福禄寿
おわりに
[カコミ]
五感星
北辰と北斗
十二宮と二十八宿
式盤の一異例
図版目録
参考文献
特別寄稿
妙見信仰と武士団形成一千葉氏の場合 丸井敬司

監修:文化庁
東京国立博物館/京都国立博物館/奈良国立博物館/九州国立博物館
執筆編集:林温

【巻頭カラー口絵写真解説等 一部紹介】
伝真言院曼荼羅(西院曼荼羅 外金剛部院部分 京都 東寺)
両界曼荼羅のうち胎蔵界曼荼羅の最外周は外金剛部院といい、密教の主要尊ではないが曼荼羅世界を守護する強力な諸天が集められている。四天王や十二天などに混じって十二宮や二十八宿の姿も見られる。また、胎蔵界曼荼羅は上を東として諸天を配している。本図は9世紀に遡る日本最古の彩色両界曼荼羅で、東寺の西院に伝えられた。国宝。胎蔵界曼荼羅は縦183.6cm、横163.Ocm。

孔雀経曼荼羅図(大阪 松尾寺)
本図は孔雀明王を中心に構成された曼荼羅で、遺品はまれである。城外院に九曜・十二宮・二十八宿が見られる。十二宮は胎蔵界曼荼羅と、二十八宿は「護摩炉壇様」所職図像に一致するが、九曜は獣座に乗る菩藤形で表されている。仏眼曼荼羅との関連、そしてとくに宮内庁本星曼荼羅との図像的な近さが指摘されている。鎌倉時代中期頃の作。

星曼荼羅(部分 大阪 久米田寺)
寛助様星曼荼羅の代表作。描線は軽やかで伸びがあり、彩色は明度が高く一種のコクがある。残された截金文様は繊細。人物のプロポーションや面貌表現、色彩感覚など、京都国立博物館蔵十二天図(大治二〈一三七〉年)に表現は近い。画面が燻染して黒ずみ、また彩色の剥落により地臟様の截金がほとんど落ちてしまっていることが借しまれる。

七星如意輪曼荼羅(神奈川弘明寺)
八輻輪の中央に如意輪観音を表し、輻の間に北斗七星と訶梨帝母を表している。息災・敬愛を目的とする修法本尊であるが、如意輪観音が広く福徳をもたらす観音という性格を持ち、訶梨帝母が多産・豊穣のシンボルとすれば、現世に多大の利益を与える北斗七星と合わせて祈祷されることも不自然ではない。彩色遺品は多くなく、本図は鎌倉時代に遡る唯一の例。

表紙 裏表紙 星曼荼羅大阪・久米田寺
第8図解説参照 裏表紙は夫婦宮
表紙裏 熾盛光曼荼羅 栃木・輪王寺
熾盛光曼荼羅の遺品は少ないが、本図は江戸時代の本格的な彩色画として貴重。「阿娑縛抄」に「唐院本」として載せる敷曼荼羅にほぼ一致する。ただし、中尊の熾盛光仏は大鉢印ではなく、むしろ「覚禅鈔」にいう三鈷印に近い。あるいは仏眼菩薩の印相にも通じ、台密において仏眼仏母と一字金輪を表裏の関係ととらえ、かつ熾盛光と金輪を同体となす思想が行われていたことなどが関連しているのかもしれない。輪王寺蔵星曼荼羅の中尊も同印であり、同様の思想背景による制作と思われる。軸裏に「熾盛光曼荼羅 山門探題大僧正天海」の墨書があるといい、江戸時代初期における天海による一連の日光経営事業の中で制作されたものであろう。

ほか

【図版目録】より一部紹介
ネーム上部の数字は図版番号で、太字は原色版写真を表し、下部の数字は写真の挿入頁を示す。
●は国宝◎は重要文化財(ここでは略)
表紙 星曼荼羅 久米田寺
表紙裏 熾盛光曼荼羅(山門探題大僧正天海裏書)輪王寺
五星二十八宿図 大阪市立美術館
高松塚古墳壁画 文化庁
青斑石鼈合子 正倉院宝物
呉竹鞘杖刀 正倉院宝物
七星剣 四天王寺
伝真言院曼荼羅(西院曼荼慶) 東寺
孔雀経曼荼羅図 松尾寺
星曼荼羅 久米田寺
星曼荼羅 法隆寺
星曼荼羅 宮内庁
星曼荼羅 三千院
星曼荼羅 高倉寺
星曼荼羅 金剛寺
終南山曼荼羅 松尾寺
七星如意輪曼荼羅 弘明寺
辟邪絵(刑都星) 奈良国立博物館
「斗」字と二十八宿図衣装箱(曽侯乙墓出土)
楽浪王肝墓出土の漢代の式盤(描き起こし)
木式盤(中国武威市磨嘴子第六号墓出土)甘粛省博物館
石刻星糸図(中国杭州銭元珊墓)
墓室壁画描き起こし(太原市金徃付唐墓)
墓主生活図
アスターナ出土/薬水里古墳/徳興里古墳/徳花里古墳第号墓/徳花里古墳第二号墓
伏羲女カ図
四川省都県新勝出土/アスターナ出土
福岡県王塚古墳石室復元模型
薬師如来像台座(四神像) 薬師寺
持国天指物七星文銅大刀 法隆寺
五星二十八宿図 大阪市立美術館
胎像図像 奈良国立博物館
ラーフ像・ケートウ像(コナラク出土) 大英博物館
熾盛光仏ならびに五星図(敦煌出土) 大英博物館
熾盛光如来 パリ国立図書館
敦煌莫高窟第六窟入り囗部南側
星曼荼羅図(カラホト出土)エルミタージュ美術館
「熾盛光頂大威徳消災吉祥陀羅尼経」見返絵 上之坊
唐本北斗曼荼羅図像 東京芸術大学
熾盛光曼荼羅図 高倉寺
九曜秘略 ユーヨーク市立図書館スペンサーコレクション
九曜星図像 MOA美術館
九曜星図像 醍醐寺
星曼荼羅 ボストン美術館
十二神将像のうち安底羅 称名寺所蔵神奈川県立金沢文庫保管四
火羅図 東寺
火羅図
梵天火羅図 東京国立博物館
文殊図像 プリンストン大学
文殊菩薩曼荼羅 万徳寺
八字文殊曼荼羅図
八字文殊曼荼羅(「曼荼羅集」〈「大正図像四より〉」
証印本二十八宿図像
版本諸尊曼荼羅図(九皿守)
称名寺所蔵神奈川県立金沢文庫保管
星曼荼羅残けつ MOA美術館
雨宝童子像 金剛証寺
妙見像と曼荼羅(「別尊雑記」) 仁和寺
妙見曼荼羅(「曼荼羅集」) MOA美術館
尊星王像 園城寺
尊星王図像(玄証本) 東京国立博物館
妙見菩薩図像集(「大正図像」) 醍醐寺
妙見菩薩像 東寺
妙見菩薩坐像 妙見堂
木造妙見菩薩坐像 寂照院
木造妙見菩薩立像(常明寺伝来)
伝妙見菩薩倚像 妙光寺
木造妙見立像 堀内神社
千葉妙見大縁起絵巻 栄福寺
北辰妙見像 法隆寺
天帝図 霊雲寺
天尊像 法険寺
鎮宅霊符神像 園城寺
妙見菩薩像 東寺
大仏頂曼荼羅 奈良国立博物館
熾盛光曼荼羅図像 曼殊院
熾盛光図位様 曼殊院
敷曼荼羅の熾盛光曼荼羅(「阿娑縛抄」)
熾盛光如来像 東京国立博物館
北斗曼荼羅(「四家鈔図像〈「大正図像」三より〉)
醍醐寺
七十天図(「阿娑縛抄」〈「大正図像九より〉」
北斗曼荼羅(「行林」〈「大正蔵」七六より〉)
星曼荼羅(乙本) 法隆寺
星曼荼羅図像 仁和寺
星曼荼羅 西蓮寺
星曼荼羅 親王院
星曼荼羅 醍醐寺星曼荼羅 久米田寺
星曼荼羅 東寺終南山曼荼羅 道隆寺
星曼荼羅 輪王寺
星供曼荼羅 大明王院
愛染明王図像北斗七星 称名寺所蔵 神奈川県立金沢文庫保管
八宗論大日如来像 善集院
山王垂迹曼荼羅 西教寺
摩多羅神像 輪王寺
北斗七星像
北斗七星像(「北斗七星延命経」)
荼吉尼天曼荼羅 大阪市立美術館
如意輪曼荼羅(図像) 仁和寺
七星如意輪観音像 根津美術館
如意輪観音像 三宝院
明星天子図像(「覚禅鈔」〈「大正図像」三より)
「諸尊図像」〈「大正図像」五より〉〉
木造虚空蔵菩薩坐像 智光寺
求聞持虚空蔵菩薩及び明星天子像 根津美術館
虚空蔵菩薩明星天子像(『国華』)
虚空蔵菩薩像 醍醐寺
絹本著色虚空蔵菩薩像 胡宮神社
融通念仏縁起図 安楽寺
寿星像 東京国立博物館
裏表紙 星曼荼羅(部分夫婦宮) 久米田寺

【著者について】
林温(はやしおん)
1955年、千葉県に生まれる。
東京芸術大学美術学部日本画科卒業。
慶応義塾大学文学部修士課程修了。
渋谷区立松涛美術館学芸員を経て、現在文化庁文化財保護部美術工芸課文化財調査官(絵画部門)。主な著書に「日本の美術第330号 飛天と神仙」(至文堂)、「密教体系11」(共著 法蔵館)など。

丸井敬司(まるいけいじ)
1948年、愛知県に生まれる。中央大学文学部国史学専攻。現在千葉市立郷土博物館動務。
主要論文、「紙本署色千葉妙見大縁起絵巻と千葉氏」歴史手恨23巻12号(名著出版)、「源頼朝の助向に関する一考察」妙見信仰調査報告書(三)(千葉市郷土博物館)、「千葉氏の武士団形成に関する一考察」千葉市立郷土博物館紀要第1号、など千葉氏の武士団形成と
守護神妙見信仰の関係に関する論文多数。

【日本の美術シリーズ】
「美術館や博物館は、「もの」を通して、そのものの歴史的な意味や特質、あるいはその美しさをひろく一般に理解させ、感じさせる場所である。それ故、博物館の専門家は「もの」をみる眼とそれを知らせる力を具えることを建前とする」(日本の美術「監修のことば」より 1966年東京国立博物館館長・浅野長武)
「日本の美術」は昭和41年に株式会社至文堂より、日本美術に関わるあらゆる事柄を各号1テーマで特集する雑誌として、当時の三国立博物館の監修の下に創刊。(その後、文化庁協力、独立行政法人国立文化財機構が監修)。
創刊から43年間は株式会社至文堂から、その後2年半は株式会社ぎょうせいから刊行され、
半世紀近くにわたり愛読されてきました。
本書は、各号がちょうどひとつの展覧会であるように、ひとつのテーマに関する図版を多く集め、その歴史的・文化的背景を含めた深い理解を、研究者のみならずひろく一般に供する場となっていました。

有史以前からの、日本の美術の全容という茫漠たる領野を、
各号それぞれの切り口で照らし出そうという試みで全545号刊行。
一つのテーマを深く掘り下げ、その道の研究家、専門家、刊行当時の最高峰の執筆者が手掛けたテキスト、写真解説。
カラー口絵写真に始まり、本文はモノクロですが写真図版は数多く、
国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求、
古代から現代に至るまでの日本における文化・芸術の深さを探ります。



★状態★
1997年の古い本です。
本文中にあった、帙(収納バインダーのようなもの)引き換え券のページが切り取り済みの状態。
読まれる分には差し支えのない部分です。

外観は通常保管によるスレ、程度、目立った書込み・線引無し、
問題なくお読みいただけると思います。(見落としはご容赦ください)


<絶版・入手困難本>オークションにも滅多に出ない、貴重な一冊です。
古本・中古品にご理解のある方、この機会にぜひ宜しくお願いいたします。

★お取引について★
■商品が到着しましたら、必ず「受取連絡」のお手続きをお願い申し上げます。
■中古品です。それなりの使用感がございます。
モニタのバックライトの作用により、写真画像は実際よりきれいに見えがちです。
■絶版・廃盤、一般の書店で販売されない限定販売、
書店や出版社で在庫切れである、またはその他の理由により、
定価に関係なく相場に合わせて高額となる場合があります。
■「かんたん決済支払明細」の画面を保存・印刷することで領収書に代えさせて頂きます。
領収書に出品者の押印がご必要の場合、「受取連絡」にて代金領収後に別送いたしますので、
取引ナビにて別途ご依頼ください。
■PCよりの出品です。携帯フリマサイトのようにすぐにご返信はできかねます。
■かんたん決済支払期限が切れた場合、連絡が取れない場合、
落札者都合にてキャンセルいたします。
■土・日・祝日は、取引ナビでの応答・発送をお休みしております。
他に連絡・発送のできない日は自己紹介欄に記載しております。
■万一、商品やお取引に問題があった場合は、いきなり評価ではなく、
取引ナビにてご連絡ください。
誠実に対応いたしますので、ご安心いただけますと幸いです。

■上記の点をご了承頂ける方のみ、
ご入札くださいますようお願い申し上げます。

★商品の状態について★
ヤフオク!の定める基準をもとに、出品者の主観により判断しています。
以下は公式ページより選択の目安より転載します。

新品、未使用…未開封の新品、または購入から時間がたっていない一度も使用していない商品
未使用に近い…中古ではあるが数回しか使用しておらず、傷や汚れがない
目立った傷や汚れなし…中古品。よく見ないとわからないレベルの傷や汚れがある
やや傷や汚れあり…中古とわかるレベルの傷や汚れがある
傷や汚れあり…中古品。ひとめでわかるレベルの大きな傷や汚れがある
全体的に状態が悪い…中古品。大きな傷や汚れや、使用に支障が出るレベルで不具合がある。ジャンク品など。


他にも出品しています。ぜひ御覧ください。
↓↓↓出品中の商品はこちら↓↓↓Click here!










商品説明

商品の説明

絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
星曼荼羅 図録「 星の信仰 」妙見菩薩 星宿法 星供図 北斗七星
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
星曼荼羅 図録「 星の信仰 」妙見菩薩 星宿法 星供図 北斗七星
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
絶版 図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
江戸時代以前の仏画「星の仏さま・妙見菩薩像」 - 美術品
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
星曼荼羅(宿曜道)
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
絶版 図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
星の仏さま 妙見菩薩 - 法輪寺公式 - 奈良 斑鳩 法輪寺
絶版希少図録本妙見菩薩星曼荼羅写真解説105図北斗曼荼羅図火羅図熾盛光星宿図仏密教図像仏像仏教美術仏画密教美術曼荼羅古美術東密台密他
仏画印刷○妙見曼荼羅 北極星 211223 古文書仏教 - 印刷物
クチコミ

クチコミ評価(4.9 / 226件)

最新のクチコミ